« どこにあるんだ法律書 1 ジュンク堂 | Main | アマゾンドットコム2 »

アマゾンドットコム

書籍通信販売の大手に「アマゾン」という会社があって、インターネットでこのページを見ている人なら、知らない人はあまりいないとおもう。この会社のホームページをみていたら「アソシエイト」という制度があったので、申し込んでみた。
要はアマゾンのバナーを自分のサイトに置いて、そのリンク経由で何か商品が売れたらマージンをくださるというビジネスだ。それ自体は目新しくもないし、僕も以前自分のサイトにバナー広告が入るように仕込んでみたりしたことがある。
しかしまあ、何らかのマージンを受け取った記憶はないので、個人の地味なページでは単に見苦しくなってしまっただけだった。アマゾンのアソシエイトも、金銭的にはほとんど意味がないだろうなとおもう。
でもなぜこのシステムに乗ろうと思ったかというと、単なるバナーではなくて、書籍の検索機能がついたバナーだったからだ。やるな、アマゾン。
ウェブで調べ物をしていて、キーワードが判明し、紙の書籍もほしくなったとき、アマゾンのサイトなどで検索しなおすのは結構面倒くさいし、購入までの手続きも結構長い。僕のサイトのページの横に関連する書籍を通信販売するリンクがあれば、便利だと思う人もいるかもしれない。だからそのうち時間のあるときに、アマゾンのバナー広告をサイトのそこここに貼り付けようとおもう。
ただし、その「アソシエイト」になれるかどうかはアマゾンの審査次第。さっき申し込んだばかりだから、このブログの記述をアマゾンの担当者も見ているに違いない。

そんな審査中の身分でいうのもなんだが、私はアマゾンを使わない。通信販売で書籍を買うときはいつもヤフーの「イーエスブックス」を利用している。アマゾンのサイトでほしい本を発見しても、わざわざイーエスブックのサイトで検索しなおして購入している。なぜか。イーエスブックスには「セブンイレブン店頭での代金引換販売」があるからだ。書籍を注文して、この店頭代引を選択すると、書籍の価格にかかわらず、送料が無料になる(もちろんこっちが指定したセブンイレブンまでは行かなきゃ)。おまけに、注文にあたってクレジット番号の入力が必要ないのだ。
一方のアマゾンではどのような受け取り方にせよ、クレジットカードの番号を入力する羽目になる(と思う)。これは痛い。まず、なんか危なそうな気がする。私はネットのセキュリティを信じてないからできるだけそんなことはやりたくない。今まで結局アマゾンで本を買ったのは洋書のときくらいで、アメリカとドイツのアマゾンを使ったことがあるだけ。日本のアマゾンで本を買った記憶はない。多分今後も買わない。

大学で学生に無理やり本を買わせたことがあった。学期の途中でようやく教科書が確定したのだ。本屋で買ってこいといってもおそらく怠る学生がいるに違いないので、そのときは急遽全員で大学のパソコンルームに移動して全員にイーエスブックスのサイトから購入させた。なにしろほとんどの学生はクレジットカードなんて持ってない。だから大学の近くのセブンイレブンで受け取るように指定して、結局は同じ本を何十冊か注文したことになる。

このシステムは素敵だなあ、何しろ余計なコストがかからない。アマゾンにも見習ってほしいところ。
「送料は無料にするけど代引き手数料は二百五十円」なんて、貧乏人には痛すぎる。

アマゾンの担当者は、この文章をみて、アソシエイトの申請は蹴るんだろうな。
その経過はまたそのうちご報告しましょう。


|

« どこにあるんだ法律書 1 ジュンク堂 | Main | アマゾンドットコム2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« どこにあるんだ法律書 1 ジュンク堂 | Main | アマゾンドットコム2 »