« December 2004 | Main | February 2005 »

ボトルコレクション

前回は、その他大勢の皆さんに登場していただきましたが、今回はちょっとかしこまった三姉妹です。
ボトラーズブランドMurray McDavid社の、これもまたミニチュア。
左からボウモア10年、ローズバンク10年、カリラ12年。いずれもバーボン樽。
ああ、飲みたい・・・。

IMGP1866

| | Comments (0)

判例データベース 4

前回までのお話は、判例を見たかったら「判例時報」とか「判例タイムズ」とか、いろいろあるのでそれを見てちょうだいなと、裁判所が下した判決が全部載ってるわけじゃないけれどもねと、まあそういうことですね。一言で言えることをずいぶんとだらだらとやってますなあ、かかか。

まず、裁判所が下した判決が全部掲載されてないという点について。
日本は国会で法律を作って、その条文を基に国民は行動しましょうという建前の、つまり成文法の国なわけで、必要な決まりはみんなあらかじめ法律にしておきますからということになってるんですが、とはいうものの、そんな何でもかんでも法律なんて作ってられないわけで、個別の紛争では「法律がないよー(泣)」ということはしばしばです。そんなとき裁判官は仕方がないから法律の行間を読んで判決を書くことになり、まあ裁判官の胸三寸というわけですが、だからってあてずっぽうにやってるわけじゃないんで、脂汗をかきながら真剣に行間を読むわけですな。そうまでして裁判官が法律の行間を読んだ上での判決なら、一度の裁判で使い捨てにするのはもったいない。そのエッセンスは後々似たような事件が起きたときには参考にさせていただきましょうというのが、つまり判例です。え?乱暴すぎですか?いいんです、今年は暴れん坊になってサンバを踊ると紅白見て決意しましたんで。さて、裁判官の苦労を参考にさせていただこうにも、いつどこでどんな判例があったのかわからないといけませんね。しかし、全国で一年間に下される判決は何万件やら、それはもうとってもたくさんです。判決にならなくても、裁判官が弁論準備室とかで当事者に「あんたの言い分じゃ、まけちゃいますから、残念!」とかいうので、あわてて和解したような事件だってたくさんあるわけで、そこで裁判官がなんでそう思ったのか、それも知りたいですよね、訴訟の当事者としては。しかしまあ、そんな内容が判タ判時に載っているかというと、ほとんど全滅。載っているのは主要なものばかりです。年間3000件くらいしか公開されないのではないでしょうか。あんまり公開されてない割には、裁判官は判例にこだわります。この論点についてはかくかくしかじかの判例があるので、それで決まり、というわけですね。成文法の国なのに、あまり判例に拘束されるのはどうかとも思います。

伊藤眞先生も『法律学への誘い』「本書を利用される方々へ」で「練達した裁判官の経験を持つ同僚裁判官から、判例がないとすれば伊藤の意見に賛成であるが、判例が存在する以上それに従うべきであって伊藤の意見に同調できないと主張されたことが一再ならずもあったことを思い出す」との伊藤正己先生のお言葉を引用されてます。(伊藤眞『法律学への誘い』有斐閣、どっちも伊藤でわかりにくいですが、どっちもマコツじゃないですよ、念のため。この本最近補訂版が出ましたから、皆さん買いましょうね。特にこれからロースクールはいる人。)話はそれましたが、そんなに裁判官が判例にこだわるというなら、判例はみんな見られるようにしておいてほしいもの。しかし、公的判例集と判タ判時に載ってるものしかないんですね。これでいいんでしょうかね。ただし裁判官も状況は似たようなもので、結局は公的判例集、判タ判時その他あれこれくらいしか見るものがないので、裁判官がどんな判例を参考にできるのか、という点では、訴訟当事者と大して変わりがないと思われます。

しかしまあ、これでいいんでしょうか判例の公開。判例も「法源」の一つだといろいろな法律の本にかいてありますが、肝心のその判例を調べることができないとすると、そんなもの法源にされても、「聞いてないよ」状態になりかねませんね。誰でも閲覧できる公的判例集と民間判例雑誌に載ってる判決だけが判例だっていいうなら、まあ論理的整合性はありますが、民間雑誌なんて民間人が適当につくってるわけで(この場合の「適当」とは、「条理に適い当を得た作業を以て」という意味ですよ、念のため)、そこに載った判決は判例となり、載らなかった判決は忘却の彼方ってあなた、ひどくないですか。

ひどいかどうかは別として、そうなんだからあきらめるほかありません。なんせ裁判官だって事情はあまり変わらないわけですから、裁判官が「不意打ち」で当事者の知りえないマイナーな判例を持ち出してくる危険はそれほど高くないわけですからね。

そんな状況について最高裁も問題意識をもったのか、最近では最高裁のホームページに、「最近の判決」というコーナーがあって、そこで結構たくさんの判決をみることができます。それでも数は多くなくて、見ることができる判決は主要なものばかり。ん?、ということは既存の判例雑誌に掲載される判決と、だいぶ重複しているということですね。そしたら民間法律雑誌を読まなくてよくなるでしょうか。なんとなく民業圧迫。いま民間雑誌に潰れられたら、国民がこまってしまう、という心配もあります。でもたぶん大丈夫、このあたりの話はまた別のエントリーにて。

一時期こんな噂がありました。「裁判所には秘密の巨大判例データベースがあって、限られた裁判官だけがそれを検索することができるらしい」。なんかエリア51 (UFOを保管して宇宙人を接待している米空軍基地、もしくはイチローのライト守備範囲)とかマジェスティック12(世界の政治経済宗教を自由に操作できる12人の超特権委員会)みたいな話ですね。でもこの話、あながちデマではないでしょう。この噂を耳にした時期から考えて、現在公開されている最高裁判所ホームページの判例情報、これがロータスノーツドミノというちょっと時代遅れのデータベースソフトで管理されているところからみると、試験段階で非公開だったころに噂として漏れてきたと思われます。いまはまたもっとすごいデータベースが裁判所内部では動いているかもしれないですね。最高裁での担当部署も組織改変があり、情報政策課という専門部署ができて、コンピューターに強い裁判官が就任したようです、楽しみですね。

とにかく、最高裁のホームページで公開されている判決文としても、ごく一部のものだけ、そして昔のものはほとんどデータがありません。裁判官だって結局公的・私的判例誌を漁って参考にすべき判例があるかどうかを調べるしかないのですね。そこで判例や法律記事の「索引誌」というのが登場するわけです。「法律関係雑誌記事索引」とか「邦文法律雑誌記事索引」とかいう名前の書籍です。ここらあたりは、いしかわまりこさんのサイトを見るか、「リーガル・リサーチ」といういい本があるので、そちらをみてくだいね。この本もロースクール入学予定者必読、かならず入学前に読んでおきましょうね。ところでこれらの索引誌は、年々紙で発行されるので、調べるのが大変。そこでなんとかコンピュータを使って検索できないかなあと、誰しも考えるわけで、あーようやく「判例データベース」に話が近づきましたなあ。

判例データベースの登場
この判例データベースが発達したのはアメリカです。アメリカは「判例法」の国ですから、平たく言うと法律は作らないで、何か事件が起きるたびに裁判官が「常識」で考えて判決をして、似たような事件が起きたときは、以前の判決に沿って判決を書くという次第です。乱暴すぎですか?いいんです今年はサンバ・・・(略)。

ということは、手持ちの事件でどういう判決が下されるか、下すべきかは過去の判例を捜して見なければならない、てことは判例が探せ出せなきゃ話にならんということで「索引誌」だけでなくてそれをコンピューターで検索したい、そしてネットで接続したいという要請が高かったのでしょうね。アメリカでそのようなサービスを始めた老舗に「レクシス」と「ウェスト」という会社があります。昔レクシスを使ったことがあります。まだインターネット幕開け前で、日本では確か丸善が代理店でした。ダイヤルアップで丸善のアクセスポイントにリンクして、画面はもちろんコマンドライン。もちろん全部英語。外国語が苦手なので一瞬で利用をあきらめましたな、秒殺。だからこれらのサービスについては、私は語る資格なし。詳しくは田島裕先生の著作などをご覧ください。

日本ではどうでしょうか。まず十年ほど前だと、ようやくパソコン通信が普及し始めたころで、個人のパソコンをネットにつなぐってこと自体大事件でしたから、データベース製品はもっぱらCD-ROMで提供されてました。思いつく製品といえば「判例マスター」「リーガルベース」くらいでしょうか。そのころすでに「判例体系CD-ROM」も「LEX/DB」もあったはずですが、それほど使い込んだ経験はありません。
これらの製品は、結局、判タ判時その他の公的判例集の「書誌情報」を集めたものです。つまりは「この判例は判タの○○号○○頁に載ってるので、中身は自分で見てね」というわけです。図書館の検索システムと変わりません。結局図書室の紙のバックナンバーを見なければならないのですから。それでも便利でしたね。それまではいろいろな索引誌をひっくり返したりして、判例検索も体力勝負みたいな趣でしたが、キーワードや裁判年月日で検索してあっという間に判例リストが表示されて、あとはそれをコピーして集めるだけ。らくちんらくちん。
でも人間、どんどん楽したくなるもので。判決の要旨くらいはそのデータベースに収録しておいておくれよ。いやいや、判決文の全文を収録していただきたい。まだまだ、その判決の意義とか類似判例とか、学説評釈情報、その他いろいろ解説なんかも収録してくれくれ。とまあ際限がないわけです。

洋行帰りのメリケン弁護士によると、アメーリカでは係属中の事件の訴訟資料まで全部ネットでみれるんだぜベイビー、とのことです。ほんとかどうか知りません。州にもよるだろうし、裁判所や事件の種類にもよるでしょう。まあ、いずれにしてもさすが判例法の国ってわけですかね、あれ、イギリスではどうなんでしょうかね。

まあ日本の法律考えるのに、海外海外言ってられないですから、次回は話を国内に戻しましょうか。最近充実しつつある、オンラインデータベースの状況と、使用感なんかをぼちぼちエントリーしていきたいですね。

| | Comments (4)

ボトルコレクション ミニ

渋谷の上原さんに「のんだくれ」の称号をいただいたので、トラバ返ししなくちゃ。
最近ここを法律専門ブログだと思っている人が増えたみたいで、誤解を解かなくちゃね。
写真はコレクションのウィスキー、といってもミニチュアボトルなんで、量はたいしたことはない。
IMGP1865

| | Comments (0)

プリティーグッドパラリーガル

法律データベースといえば、アメリカだとネクシスとかウエストローとか、日本だとLEX/DBにマスターライブラリーなどが連想されるけれども、法律に関係するデータベースといえば、法律事務所で弁護士が受任したり相談した事件パソコンに記録しておくのも、これはこれでデータベースというわけで。
以前法律事務所でアルバイトを始めたとき、その事務所は受任事件がむちゃくちゃ多いのに、事件簿は紙のノートだった。事件を受任したときに、依頼者や裁判所などの情報を「事件簿」に書き込んで、事務所独自の事件番号を割り当てる。同じ番号を割り当てた分厚いファイルブックをつくって、事件の記録はそこに綴り込んでいくという方法で、原始的だけれどもそれなりに合理的だった。ただし、事件の内容は刻々と変化して、なにがどう変化したかについては事務所の一般秘書は裁判所に同行するわけでなし、次回期日をカレンダーに書き込むくらいしかしていないので、ある日弁護士に「A社の件でこのあいだ和解の相談した事件の記録出して」とかいわれても、優秀で気が利く秘書なら一発で記録を差し出すのだけれども、そんなベテランが不在で、A社が大口依頼者で何件も事件があったりしたらどれが和解までいっているやら、相手方の名前くらいわかればまだしも、これも結構おんなじだったりして、おおむね手上げ。事件簿をみて、終局してないA社の事件をリストアップして(もちろん手書き)、全部倉庫から出してきて、順番に見ていくしかない。

こんな仕事やってられるか。事件簿はパソコンで管理しようよ。事件処理の進捗もそのつどパソコンに入れておこうよ。とまあ、己が無能で気が利かないのを棚に上げる必要に迫られたので、あわてて簡単なデータベースソフトを自作しました。

まあ、おおむね好評で、バイトをやめるまでの数年でだいぶ機能を拡張しました。
法律事務所のワークフローやその特質は事務所ごとに異なるので、このソフトを人様にあげても意味がないだろうと思っていたのですが、パラリーガルクラブなどで全国のパラリーガルの皆さんの様子を伺ってみると、「パソコンで事件管理はどうすればいいかしら」みたいな質問が飛び交っていました。

そこで、バイト期間中に作ったソフトの特殊な機能を削除して、ベクターで公開することにしました。法律事務所事件管理ソフト「プリティーグットパラリーガル(PGP)」です。フリーソフトですから全国のパラリーガルのみなさん、使えそうならぜひ使って、ご意見をお寄せください。

image032


利用マニュアルはhttp://homepage2.nifty.com/okada_yoshihiro/pgp100qmanual.htm

ソフトの名称の由来はもちろん「かわいくて優秀なパラリーガル」ないし「かわいくてグッとくるパラリーガル」です。なんか私、変態でしょうか。変態がいやな人は「PGP」と略称で呼んでください。

それはいいとして、法律事務所用のデータベースといえば、仙台のK弁護士が、かなりソフトを作りこんでいます。ところがK弁護士の作品は「桐」というソフトで開発されていて、ユーザーもその「桐」を持っていないと使えないのですね。またK弁護士は自分の事務所で使うことを前提として作りこんでいるので、そのままではほかの事務所で使えないという弱みがあります。さらにいうならK弁護士はその作品をまだ一般公開しているわけではないので、普通は入手できないという欠点がありますね。残念。
私の「プリティーグッドパラリーガル」は開発思想の段階でK弁護士の作品に多くの影響を受けています。ここに御礼もうしあげます。

| | Comments (2)

« December 2004 | Main | February 2005 »